FAQ

生命保険には入ったほうがよいですか?

約9割の世帯が加入している生命保険。非常に高い普及率ですが、生命保険は本当に必要なのか保険に入っている人、まだ入っていない人も再確認しておきましょう。

生命保険の役割

日常生活においては、死亡、病気、ケガや介護など予期しない出来事が発生し、経済的に生活が困難になったり、思い描いていた生活が実現できなくなったりするようなリスクが潜んでいます。

このようないつ起きるかわからないけれども、発生するとまとまったお金が必要となるような場合に備えておくのが生命保険です。生命保険は自分や家族を守る手段の一つなのです。

お金に余裕がない人ほど保険に入っておいた方がベター

死亡、病気、ケガや介護をして、経済的に困る人がいる場合、その人のために保険をかけるのが、生命保険の利用を考えるときの基本になります。

月々の保険料を支払えるほど生活費に余裕がないという理由で保険に入らない人がいますが、そのような生活費に余裕のない人ほど生命保険に入るべきと思います。まず、お金が十分にある人は保険に入る必要はありません。

何億円もの財産を持っている方が亡くなったとしても、残された家族には財産が残ります。病気やケガで多額の医療費がかかったとしても、自分で支払うことができます。保険は経済的リスクに備えるものですから、万が一のときに、経済的に困らない人は保険に加入する必要がないのです。

一方、貯蓄がない人はどうでしょう。例えば、一家の大黒柱が亡くなった場合、残された家族には多額の生活資金が必要になります。

そこまで大きな貯蓄をするには何年もかかりますが、その点、保険に加入して保障が開始していれば、たとえ、まだ1回しか保険料を納めていなくても、2,000万円、3,000万円といった大きな保障を手にすることができるのです。

少ない負担で必要な保障を直ちに準備できるのが保険のメリットであり、貯蓄のない人ほど生命保険の利用価値は大きくなります。自分や家族に必要な保障内容を確認し、目的に合った保険種類を選んで契約することが大切です。

-FAQ