FAQ

生命保険に入れない職業とは何ですか?

生命保険は誰でも加入できるわけではありません。その理由は、契約者の平等性を保つためです。生命保険は多く人が加入します。その中に死亡率が低い人と高い人がいた場合、同じ保険料では平等性が保てなくなってしまいます。

そのために、生命保険の加入の際には審査があり「健康状態」「職業」などにより加入の可否が判断されます。

審査項目の「職業」について、一般的な職業に比べて事故に遭いやすい職業や病気になりやすい職業に就いている場合、保険料の増額、保障額の上限が決められたり、傷害特約を付けられないといった制限があります。これらは保険会社によって異なります。

保障制限のある職業

生命保険の保障に制限が加えられるのは以下のような職業です。

・カーレーサー、オートレーサー、競馬騎手、競輪選手、競艇選手

・プロスポーツ選手(野球、サッカー、スキーなど)

・プロ格闘家(ボクシング、プロレス、柔道、相撲取りなど)

・スタントマン、テストドライバー

・警察官、消防官、自衛官

・潜水作業員、ダイバー

・タクシーやトラック運転手、船舶乗務員、パイロット

・高所作業者(大工・とび職)、爆破・破砕器作業者、坑内作業者 など

審査に通らない可能性があるということで告知せずに情報を伏せる、あるいは虚偽の申告をしてはいけません。告知義務違反となり、保険契約の解除や保険金の支払拒否などがあるので注意が必要です。

職種によっては業界ごとの共済制度がありますし、かんぽ生命はもともと保険金額に上限がある商品で職業による制限を行っていません。また、一時払終身保険や一時払個人年金保険のような商品は職業制限の無いことが多いです。

このように、一般的な保険にこだわらなければ、危険職種であっても入りやすい保障があるので、検討してみてください。

複数の保険会社で確認

加入にあたっての条件は保険会社によって異なりますので、上記の職業の方が生命保険に加入する際は、複数の保険会社の商品や加入条件を確認しておきましょう。加入できる保険会社がある可能性もあります。

必要な保障額に足りない場合は複数の保険会社に分けて加入をすることで保障を確保できる可能性もあります。

生命保険の見直しで保険料を節約する

保険は万が一のときに生活を守る大切な手段です。しかし、過剰な保障は家計を圧迫して生活に支障を来します。生命保険を見直すことで大きく節約できることもあります。

このほかにも自分に合った保険を自分で選びたい、現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したいなどの悩みがあれば、保険の専門家に相談するのも一つの方法です。

無料保険相談の【保険コネクト】

一方、自分に合った保険を納得いくまで比較して選びたい場合は複数の保険会社にパンフレットの一括請求【無料】ができるのでご利用ください。

保険スクエアbang!/生命保険

-FAQ