FAQ

保険証券を紛失した場合、どうすればよいですか?

保険証券を紛失または破損、焼失等された場合でも、すぐに契約が無効にはならず、保険の保障は継続します。

ただし、保険金(給付金)を請求するとき、解約するとき、契約内容を変更するときには保険証券が必要になりますので、紛失等された場合には保険会社に連絡して保険証券の再発行の手続きを進める必要があります。

しかし、実際には保険事故が発生した場合に保険証券を紛失していても、保険証券は手形や小切手などとは異なり、保険証券がなければ請求できないということではなく、あくまでも保険の契約と内容を証明するものなので、本人確認ができる所定の書類を提出すれば、保険金を受け取ることが可能です。

保険証券再発行の手続き

保険証券には、加入している保険に関する重要事項の記載があります。保険の内容・保険金額・保険期間などが記載されている重要な書類です。保険証券再発行の手続きには、「証券番号」が必要になります。

保険会社から保険証券以外で「証券番号」が確認できる書類が送られてきていれば、その書類でも証券番号がわかります。(「保険料領収証」や「ご契約内容のお知らせ」など)

それも分からない場合には、保険会社のカスタマーセンター(お客さま窓口)に電話で、再発行の手続きを申請すれば大丈夫です。電話をかける場合は、必ず契約者本人が電話をかけて手続きをします。(家族であっても手続きはできません。)

本人確認ができれば、後日、保険会社から「保険証券再発行請求書」が送られてきますので、必要事項を記入、「契約者の印鑑証明書」「本人確認書類」「印鑑証明書の印鑑」の必要書類を揃えて、保険会社に返送すれば、1~2週間程で新しい「保険証券」が手元に届きます。

保険証券が届いたら契約内容に間違いがないか確認してください。(手続きについては保険会社によって若干異なる場合があります。)

なお、本人確認書類には下記のようなものがあります。

・運転免許証、健康保険証、パスポート、年金手帳、福祉手帳や母子健康手帳(コピー)

・住民票、印鑑証明書(発行日から3ヵ月以内のもの) など

-FAQ