FAQ

投資性の強い生命保険とは何ですか?

投資性の強い生命保険とは、利益を得る目的で利用される生命保険のことをいいます。
具体的には、「変額保険」「外貨建ての保険」「市場価格調整(MVA:Market Value Adjustment)を利用した保険」が該当します。

変額保険

変額保険とは保険会社が資産を株式や債券を中心に運用し、運用実績によって保険金や解約返戻金が増減する保険のことです。大きく分けて、保険期間が一定の「有期型」と一生涯保障が継続する「終身型」の2タイプあり、死亡したときには、基本保険金+変動保険金を受け取ることができます。

基本保険金額は運用実績にかかわらず最低保証されるため、変動保険金がマイナスになった場合でも基本保険金額は受け取ることができます。有期型の場合、満期をむかえると満期保険金を受け取ることができますが、その金額は資産運用の実績によって変動し、最低保証はありません。

したがって、運用実績により基本保険金額を上回る場合もあれば下回る場合もあります。また、解約時に受け取る解約返戻金には、最低保証はありません。外貨建て保険とは支払保険料や受取保険金・年金・解約返戻金などが、外国通貨で行われる保険のことです。

主にドル建て、ユーロ建て、豪ドル建てがあります。外貨で運用したい人向きの商品で、円建ての保険よりも保険料が割安となっているのも魅力です。

外貨建ての保険

外貨建ての保険の場合、円建てと比べて予定利率が高く設定されている傾向がありますが、為替相場の影響を受けるというリスク(為替リスク)があります。

市場価格調整

市場価格調整とは保険を途中で解約した場合に戻ってくる解約返戻金の額が、解約時の市場金利に応じて増えたり減ったりする仕組みのことです。「Market Value Adjustment」の頭文字をとってMVAとも呼ばれています。

一般的に定額年金や定額保険を解約した場合に適用されます。保険を契約したときと、解約したときの市場金利を比較して、解約返戻金に反映されます。契約時よりも解約時の市場金利が高くなった場合は、解約返戻金が減少し、低くなった場合には、解約返戻金が増加します。

このため、途中で解約した場合の解約返戻金の金額は契約時にはわかりません。

生命保険の見直しで保険料を節約する

保険は万が一のときに生活を守る大切な手段です。しかし、過剰な保障は家計を圧迫して生活に支障を来します。生命保険を見直すことで大きく節約できることもあります。

このほかにも自分に合った保険を自分で選びたい、現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したいなどの悩みがあれば、保険の専門家に相談するのも一つの方法です。

無料保険相談の【保険コネクト】

一方、自分に合った保険を納得いくまで比較して選びたい場合は複数の保険会社にパンフレットの一括請求【無料】ができるのでご利用ください。

保険スクエアbang!/生命保険

-FAQ