用語集

一時払い終身保険

2017/05/29

保険料の支払い方法は主に「月払い」「年払い」「一時払い」などがあります。「一時払い」とは保険料の全額を契約時に払い込むことです。保険料を一括で支払うことで「月払い」「年払い」に比べて保険料を安くすることができます。

終身保険は、被保険者が死亡または高度障害になった場合に保険料が支払われます。また途中で解約した場合には今まで支払った保険料の一部が解約返戻金として払い戻されます。この解約返戻金があるため、貯蓄や資産運用としての側面があるといえます。

一時払い」と「終身保険」が合わさった一時払い終身保険は資産形成効果を応用した商品です。まとまった資金がある人は、確実に増やしたいという際の選択肢として、この一時払い終身保険を利用しています。

一時払い終身保険のメリット

一般的には生命保険を活用した相続対策を思い浮かべると思いますが、これ以外にも一時払い終身保険ならではのメリットもありますので紹介します。

1.貯蓄性の高い保険

一時払いであるため「月払い」や「年払い」のように長期間かけて払い込むような通常の終身保険と比べて、早い段階で解約返戻金が払込保険料を超えてくるので、一定期間について解約しない前提とすれば貯蓄性が高いといえます。

2.死亡時においてお金の流動性が高い

口座名義人の死亡後に銀行からお金を引き出す場合、相続人全員、遺言がある場合はその対象者の分の相続関係書類をそれぞれ用意しなければならず、引き出しに日数を要します。一方、死亡保険金の請求の場合は、保険金受取人の書類だけで手続きが出来て、日数があまりかかりません。

すぐにお金が必要な場合には本当に助かります。このように死亡時のお金の流動性を重視して、一時払い終身保険を利用する人も少なくありません。

3.生前贈与での利用

生前贈与は暦年贈与で110万円の贈与税の基礎控除額があります。個人年金保険を利用して生前贈与を行うケースが多いのですが、多くの個人年金保険の商品は十数年以上保険料を支払い続けないと解約返戻金は払込保険料を下回ります。

これに対して一時払い終身保険は契約時に一時払い保険料を支払っているため、解約返戻金が払込保険料を上回るまでの期間が個人年金保険よりも短くなるメリットがあります。

一時払い終身保険のデメリット

1.早期解約による元本割れのリスク

保険料を契約時に一時払いするとしても、返戻率は契約当初は低いため、早期の解約は元本割れの可能性があります。保険商品によって還元率は異なりますが資産運用で利用する場合はある程度の期間は解約しないと考えておく必要があります。

2.生命保険会社の破綻による元本割れのリスク

予測することは難しいのですか、もし契約している生命保険会社が破綻した場合は、責任準備金の90%程度しか保障されません。保険金額が多い場合はリスクを分散することを考えて、生命保険会社を複数にするなど対策を考えておきましょう。

生命保険の見直しで保険料を節約する

保険は万が一のときに生活を守る大切な手段です。しかし、過剰な保障は家計を圧迫して生活に支障を来します。生命保険を見直すことで大きく節約できることもあります。

このほかにも自分に合った保険を自分で選びたい、現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したいなどの悩みがあれば、保険の専門家に相談するのも一つの方法です。

無料保険相談の【保険コネクト】

一方、自分に合った保険を納得いくまで比較して選びたい場合は複数の保険会社にパンフレットの一括請求【無料】ができるのでご利用ください。

保険スクエアbang!/生命保険

-用語集