用語集

女性疾病特約

2016/11/19

女性疾病特約とは女性に多い特有の病気に備えるための医療保障特約で、主契約である医療保険に付加できます。保険会社によっては「女性医療特約」や「女性特定疾病特約」などの名前で販売されています。

この特約は女性向けのサービスではなく、一般的な医療保険に女性特有の疾病への保障を上乗せした保険プランです。女性疾病への保障が厚くなっているぶん、特約保険料は高めになります。

言い換えると女性特有の病気にかかった場合に入院給付金や手術給付金が上乗せされて支給されるというものです。

例えば、入院保障10,000円/日の主契約に入院保障5,000円/日の女性疾病特約を付加させておくと、女性特有の疾病で入院した場合に1日の入院あたり合計15,000円の給付金を受け取ることができます。

また、女性保険も同じような内容となっています。(もちろん会社によって保障内容は変わります)

女性特有の病気とは

女性特有の病気とは、「女性の身体だけにある部位がかかってしまう特有の病気」のことで、保険会社によって異なりますが、概ね以下のようになっています。

・乳腺症

・乳がん

・子宮内膜症

・子宮筋腫

・子宮がん

・卵巣の機能障害

・卵巣のう腫

・卵巣がん

・妊娠、分娩の合併症(帝王切開、流産、妊娠中毒症、など)

などが挙げられます。

※保険会社によっては上記以外にも、バセドウ病の甲状腺疾患、鉄欠乏性貧血、慢性関節リウマチ、下肢静脈瘤、胆石症、腎結石・尿管結石等、女性に多いとされる病気についても保障される場合があります。

女性疾病特約の注意点

女性疾病特約は医療保険とセットで加入するもので、医療保険が保障する入院給付金に上乗せをするというしくみの特約です。仮に女性医療特約を付帯していなかったとしても、女性特有の疾患で入院をした場合には医療保険からの給付金は支払われます。

女性疾病特約をつけないと、女性特有の疾患で入院した場合に給付金を受け取れないということはありません。

女性疾病特約は必要か?

女性特有の病気の場合でも、他の病気と同じで、健康保険により自己負担額が3割(75歳以上は1割)になったり、健康保険が適用される医療費に関しては高額療養費制度も利用することができます。

また、主契約である医療保険を充実させるとメリットが大きくなることもあるので、かけ直しも含めて見直しをしたほうが良いケースもあります。

このように必ずしも女性疾病特約を付加する必要はありませんが、乳房再建費用などの健康保険が適用されない費用をカバーしたいという希望があったり、女性特有の病気が特に心配な方は他の保険料とのバランスを考えて女性疾病特約を付加してもよいでしょう。

女性保険と女性疾病特約との違い

女性が医療保険に加入する場合、パターンとしては、

・通常の医療保険に女性疾病特約と付加する

・はじめから女性特有の疾病に対する保障が充実している女性保険に加入する

という2つがあります。

いずれも内容的には大きく変わるわけではありませんが、大きな違いとしては、特約として付加した場合は、途中で外すこともできるという点です。

生命保険の見直しで保険料を節約する

保険は万が一のときに生活を守る大切な手段です。しかし、過剰な保障は家計を圧迫して生活に支障を来します。生命保険を見直すことで大きく節約できることもあります。

このほかにも自分に合った保険を自分で選びたい、現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したいなどの悩みがあれば、保険の専門家に相談するのも一つの方法です。

無料保険相談の【保険コネクト】

一方、自分に合った保険を納得いくまで比較して選びたい場合は複数の保険会社にパンフレットの一括請求【無料】ができるのでご利用ください。

保険スクエアbang!/生命保険

-用語集