保険の種類

保険料の違い

2017/03/13

一般的に定期保険保険料は、契約時の年齢や保険期間の長さによってそれぞれ異なります。さらに、加入者が男性か女性かで、定期保険保険料が違います。

こんなに違う男女の保険料

女性の保険料は男性に比べるとかなり低くなっています。これは男尊女卑ではなく、平均の死亡年齢が違うためです。現時点では男性は107歳、女性は110歳で死亡すると設定されています。寿命の違いが保険料の違いになります。

【契約例】定期保険/5年ごと利差配当タイプ(口座振替料率月払)

主契約(5年ごと利差配当付定期保険)(保険期間・払込期間 … 10年) … 5000万円

契約年齢 保険料月額 比率(女性/男性)
男性 女性
15歳 9,450円 7,250円 76.7%
20歳 9,850円 7,650円 77.6%
25歳 10,050円 8,250円 82.0%
30歳 11,050円 9,200円 83.2%
35歳 13,250円 10,600円 80.0%
40歳 17,350円 12,850円 74.0%
45歳 24,100円 16,300円 67.6%
50歳 33,450円 19,850円 59.3%
55歳 46,750円 24,500円 52.4%
60歳 69,850円 33,450円 47.8%
65歳 109,650円 50,100円 45.6%

おおまかに契約年齢が高くなるほど、男性の保険料が女性の保険料より割高になる傾向があると言えそうです。

男女の保険料が同じタイプの保険もあります

JA共済全労済生命保険会社とは異なり、独自の設定がされています。これらは保険料が年齢性別関係なく一律になっています。ちなみにこれらは保険料ではなく掛け金と呼んでいます。また保障額も生命保険会社よりも低くなっている場合が多いのも特徴です。

生命共済・総合保障型

加入コース 総合保障1型 総合保障2型 総合保障4型
月々の掛金 1,000円 2,000円 4,000円
保障期間 18~65歳 18~60歳 60~65歳 18~60歳 60~65歳
入院(1日当たり) 事故 1日目から184日目まで 2,500円 5,000円 5,000円 10,000円 10,000円
病気 1日目から124日目まで 2,250円 4,500円 4,500円 9,000円 9,000円
通院 事故 14日以上90日まで 750円 1,500円 1,500円 3,000円 3,000円
後遺障害 交通事故 1級 330万円 ~ 13級 13.2万円 1級 660万円 ~ 13級 26.4万円 1級 500万円 ~ 13級 20万円 1級 1,320万円 ~ 13級 52.8万円 1級 1,000万円 ~ 13級 40万円
不慮の事故(交通事故を除く) 1級 200万円 ~ 13級 8万円 1級 400万円 ~ 13級 16万円 1級 300万円 ~ 13級 12万円 1級 800万円 ~ 13級 32万円 1級 600万円 ~ 13級 24万円
死亡・重度障害 交通事故 500万円 1,000万円 700万円 2,000万円 1,400万円
不慮の事故(交通事故を除く) 400万円 800万円 530万円 1,600万円 1,060万円
病気 200万円 400万円 230万円 800万円 460万円

これらの共済では、保障額が概ね生命保険各社よりも低額となっています。そこで、独身者やOLなどのように、一般に5,000万円などの高額保障が必要でない人に向いているといえます。

-保険の種類