保険の種類

教育資金のための保険

学資保険こども保険は、こどもの教育資金・結婚資金・独立資金などを計画的に準備するとともに、親などが早い時期に死亡したときの保障もあわせて行うものです。

学資保険とこども保険の違い

1.学資保険とは

学資保険は、教育費のための資金を積み立てることを一番の目的としています。これに加えてこどもの万が一の死亡や病気やケガをした時の医療費などを確保するためのものです。

また、こどもだけでなく、保険契約者(親)が万が一死亡したときには死亡保険金被保険者(こども)への育英年金が支払われるという保障がついている学資保険もたくさんあります。

他にも特約で保障をプラスすることもできる商品もあり、教育資金を積み立てるだけが目的ではないものがほとんどです。一般的な学資保険は、私立の大学を受験する時に資金が必要と考える人が多いため、満期の年齢を高校卒業時に合わせている商品が多くなっています。

他にも中学受験や高校受験の時にもまとまった資金が欲しいと考える人のために、保険期間満了までにも何回かに分けて給付金を支給する学資保険も少なくありません。つまり、簡単に説明すると、教育資金の確保がメインでプラスアルファとして医療保障がつく保険といえます。

2.こども保険とは

こども保険とは主にこどもの医療保障に重点を置きながら、教育資金を確保する保険といえます。こども保険に加入する大きな目的は、こどもの万が一の病気やケガに備えるためです。他にもこどもが万が一、他人のこどもにケガをさせてしまったときの保障を目的としたこども保険もあります。

こども保険とはこどもの身の回りについての保障に重点を置いたもので、教育資金を準備することを一番の目的にはしていません。

しかしながら、最近ではこども保険という名の商品であっても、医療保険だけに力を入れているということではなく、教育資金に備えるための保障が充実している商品もあります。

さらに学資保険だから医療保険の保障が乏しいというわけではなく、学資保険でも優れた医療保障が付いた商品もあります。学資保険こども保険の本来の意味は違ったものでしたが、最近では共通した意味を持ち、学資保険だから貯蓄性が高いとはいえないのが現実です。

選ぶ際は、学資保険こども保険を区別することなく、教育資金の確保、医療保障などの保障内容をしっかり吟味して選択することが大切になります。

学資保険(こども保険)とは

学資保険こども保険)とは、終身保険定期保険養老保険などの死亡保険などと同じく生命保険に分類される保険です。学資保険はこどもの将来の教育資金のために、決められた保険料を支払えば、満期時(15歳満期、18歳満期など)に満期保険金が受け取れる保険です。

こどもを被保険者として、親を契約者とするケースが多く、被保険者が満期時に生存していれば満期保険金が、それ以前に死亡したときには払込保険料相当額の死亡給付金が支払われます。

また、契約者が保険期間中に死亡したときは、それ以降の保険料の払込は免除されますが、契約はその後も継続して、満期時には満期保険金が支払われます。

このように説明すると学資保険こども保険)はお得な保険のように感じますが、育英年金、こどもの医療費などが出る保障を充実させたタイプの学資保険(こども保険)は返戻率が100%を下回ることがあります。

本来の目的であるこどもの教育資金を積み立てるために学資保険こども保険)に加入したにもかかわらず、満期時に受け取った満期保険金元本割れすることも十分考えられますので注意が必要です。

生命保険の見直しで保険料を節約する

保険は万が一のときに生活を守る大切な手段です。しかし、過剰な保障は家計を圧迫して生活に支障を来します。生命保険を見直すことで大きく節約できることもあります。

このほかにも自分に合った保険を自分で選びたい、現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したいなどの悩みがあれば、保険の専門家に相談するのも一つの方法です。

無料保険相談の【保険コネクト】

一方、自分に合った保険を納得いくまで比較して選びたい場合は複数の保険会社にパンフレットの一括請求【無料】ができるのでご利用ください。

保険スクエアbang!/生命保険

-保険の種類