最新保険ランキング

がん保険ランキング

2017/05/22

安定的な人気商品の特徴は「診断一時金」など、まとまった給付のある商品です。給付条件や給付の頻度(2年ごと、1年ごと、月ごとなど)の違いを見比べて、自分に合ったものを選びましょう。

保険料の算出条件

がん入院給付金 10,000円
診断給付金 100万円
保険期間 終身
保険料払込期間 終身
支払方法 月払い

1位 がんベスト・ゴールドα(AIG富士生命)

評価★★★★☆

月額保険料の目安

30歳男性 2,000円
40歳男性 2,852円
50歳男性 3,243円

※がん入院・手術特約付加なしの場合

給付条件の秀逸さで連続1位 診断一時金「2年ごと」給付

がん診断一時金に特化した商品で初回給付300万円まで加入できます。入院日数や手術、治療方法などに関わらずまとまった給付金が2年ごとに受け取れるのが特徴です。2年ごとの給付条件は、再発・転移だけでなく、通院や継続治療中でも再給付されるため、給付条件が広い点が秀逸です。

また、がん(上皮内がんを除く)になると払込免除となり一生涯の保障が継続します。特約も選べて、悪性新生物初回診断一時金、上皮内新生物診断一時金、がん先進医療、がん入院・手術も付加できます。T-PECも付き安心です。

2位 ガードエックス(メットライフ生命)

評価★★★★☆

月額保険料の目安

30歳男性 2,849円
40歳男性 4,367円
50歳男性 6,695円

※がん入院給付金5000円、がん診断給付金50万円、がん治療給付金100万円、ホルモン剤治療給付金10万円の場合

三大治療(手術・抗がん剤・放射線)で「年ごと」給付

三大治療(手術・抗がん剤治療・放射線治療)への一時金が1年に1回まとまった給付金が受け取れます。また、ステージⅣ(最上位の進行度を示す病期)と診断された以降は、治療を目的とした入院若しくは通院であれば治療法を問わず一時金を受け取れます。ホルモン剤治療の給付もあります。

初回の診断給付金と1年ごとの治療給付金の組み合わせにより、給付金免除もあります。さらに、加入時の告知がシンプルで、既往症のある人でも加入しやすい。既存のがん保険の上乗せとしても利用できます。

3位 終身ガン治療保険プレミアム(チューリッヒ生命)

評価★★★★☆

月額保険料の目安

30歳男性 3,210円
40歳男性 4,250円
50歳男性 6,210円

※主契約(抗がん剤ホルモン剤/放射線治療給付金)月額10万円の場合

抗がん剤・ホルモン剤・放射線の三大治療で「月ごと」給付

現代のがん治療の主流である「抗がん剤・ホルモン剤治療・放射線治療」の三大治療を主契約として、治療を受けると月ごとに給付金が受け取れる、新しいタイプのがん保険です。

特約を選択でき、がん診断・入院・手術・通院・がん先進医療・がん緩和療養に関する保障の他、がんと診断確定された後5年以内にストレス性疾病を発病した場合、1回に限り5万円か10万円の給付金が受け取れる「がん診断後ストレス性疾病特約」も特徴です。短期払いも可能です。

また、三大疾病特約をプラスした「3大疾病保険プレミアム」もあります。

4位 ガン診断保険R(東京海上日動あんしん生命)

評価★★★☆☆

月額保険料の目安

30歳男性 3,565円
40歳男性 5,349円
50歳男性 8,639円

70歳までの保険料が全部戻る!

70歳になると、それまでに使わなかった分の保険料が全部戻ります。掛け捨てが嫌いな人にはおすすめです。診断給付金は2年に一度、再発・転移で受け取れます。初回は上皮内がんも対応できます。一時金だけでも加入でき、特約も豊富です。

5位 ガン保険ビリーブ(オリックス生命)

評価★★★☆☆

月額保険料の目安

30歳男性 2,480円
40歳男性 3,610円
50歳男性 5,400円

診断一時金の他、入院時にも一時金

初回診断一時金の他、がんで入院した際に治療給付金(一時金)が受け取れます。治療給付金は2年に一度で、まとまった給付を受け取る頻度が多いです。上皮内がんでも同額保障、保険料払込免除があります。手術・通院の保障もあります。

6位 ガン治療支援保険NEO(東京海上日動あんしん生命)

評価★★☆☆☆

月額保険料の目安

30歳男性 2,371円
40歳男性 3,508円
50歳男性 6,221円

※抗がん剤治療特約月額10万円(保険期間10年・保険料払込期間10年)付加の場合

抗ガン剤治療の範囲を拡大

2015年7月に改定され、現代のがん治療に則した内容へとバージョンアップしました。対象となる抗がん剤の範囲を拡大し、保険料を引き下げています。診断給付金は2年に一度、再発・転移で受け取れます。初回一時金は上皮内がんでも対応しています。

7位 新・生きるためのガン保険Days(アフラック)

評価★☆☆☆☆

月額保険料の目安

30歳男性 2,870円
40歳男性 4,310円
50歳男性 6,990円

※解約返戻金なしタイプ

選択肢の広さと、人気のブランド力

選択肢のバリエーションが多く、解約返戻金の有無や、払込期間の選択が可能です。がん三大治療保障が充実しており、通院保障日数無制限、診断給付金を2年ごとに支払う特約もあります。保険料も引き下げられ加入しやすくなっています。

8位 自由診療保険メディコム(セコム損保)

評価★☆☆☆☆

月額保険料の目安

30歳男性 1,430円
40歳男性 1,930円
50歳男性 4,460円

※保険期間5年の場合

実際にかかった費用を保障する!

実際にかかった医療費用分を補償する実損填補型のがん保険です。医療費用や技術料のほか、差額ベッド代、先進医療費、自由診療までカバーされるのが特徴的です。自分にあった治療法を選べて、費用を気にせず治療に専念できます。

9位 勇気のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)

評価★☆☆☆☆

月額保険料の目安

30歳男性 2,814円
40歳男性 4,114円
50歳男性 6,407円

保険料が安く人気の定番商品!

がん外来治療給付金(通院治療)の保障が他社よりも充実(年120日)しています。上皮内がんを区別していない点も良いです。入院が短期化し通院治療が中心となりつつある現代のがん治療にマッチしています。保険料も安くなっています。

10位 ガン保険フォース(オリックス生命)

評価★☆☆☆☆

月額保険料の目安

30歳男性 1,390円
40歳男性 2,490円
50歳男性 4,640円

※保険期間35年満了、がん通院給付金1万円の場合

定期型のがん保険 保険料が割安

診断一時金・通院・がん死亡をセットにした定期タイプのがん保険です。セット内容も良いとのプロの声もあります。定期タイプのため、保険料を安く抑えられている点が特徴なので、若年層あるいは年配者などに適しています。

-最新保険ランキング