保険商品選定ポイント

少額短期保険の選び方

少額短期保険(以下、「ミニ保険」)とは、2006年4月1日の改正保険業法が施行されて生まれた比較的新しいタイプの保険です。その名のとおり、少額の保険金(上限1,000万円)と短期の保険期間(1年間 損害保険は2年)が特徴である比較的手軽な保険です。

最大の特徴は、保険会社が扱っている商品にはないようなニッチでユニークなものが登場していることです。これは保険金額の上限が設定されているため、保険会社が抱えるリスクが抑えられていることが関係しています。

その結果、ペット保険や自転車保険といった非常に多彩なジャンルが登場しています。

少額短期保険業者とは

少額短期保険業とは、一定の事業規模の範囲内において、保険金額が少額で保険期間1年(損害保険は2年)以内の保険で、保障性商品のみを扱う事業とされています。また、被保険者についての保険金額の上限が設けられています。

死亡保険 300万円
医療保険 80万円
疾病等を原因とする重度障害保険 300万円
傷害を原因とする特定重度傷害保険 600万円
傷害保険 1,000万円

ミニ保険の注意点

ミニ保険は市場が拡大してきていますが、一般的な生命保険損害保険と異なる点があり、注意が必要です。

1.「保険契約者保護機構」の対象外

生命保険会社損害保険会社が破綻した場合には、「保険契約者保護機構」というセーフティーネットがありますが、ミニ保険はこのセーフティーネットの対象外となります。加入している事業者の破綻などにより不利益をこうむる可能性がある点に注意した上で加入する必要があります。

2.各種保険関係の所得控除の対象外

生命保険損害保険保険料は、一定の条件下で所得控除の対象となりますが、ミニ保険保険料は所得控除の対象外となります。死亡保障や医療保障など通常の保険で得られる保障で、長期的に必要な保障は一般的な保険商品に加入したほうが税制面では有利となります。

ミニ保険の選び方

ミニ保険は、生命保険損害保険の一般的な保険では、条件が合わずに加入できなかった人でも加入できる商品があります。これまで保険の加入が難しかった人が何らかの保障を得られる可能性があります。

たとえば、入院したときや手術をしたときに給付金が受け取れる生命保険医療保険の場合、今では病気を患ったことのある人や、糖尿病などの持病がある人でも加入できる商品もありますが、うつ病など心の病のある人や発達障害や身体障害がある人は加入が困難な状況です。

また、妊娠・出産は女性にとってリスクが高くなり、また公的な補助金が出るとしても個人負担もかさみがちです。一般の医療保険に加入している場合、帝王切開などでは保険金が出ますが、通常分娩では保障されません。

妊娠後の医療保険は加入しづらくなるため、保険に加入しないまま妊娠すると無保険状態で出産を迎える場合があります。ミニ保険なら、そのような人も加入できる商品があります。

このほかにも、葬儀費用を保障する葬祭保険やペットの医療費を保障するペット保険、旅行中に雨だったら旅行代金が補償されるお天気保険、病気や急な仕事でコンサートへいけなくなったときにチケット代が補償されるチケット保険、トラブルにあったときの弁護士費用を保障する弁護士費用保険など、ミニ保険生命保険だけでなく損害保険も含んだ多岐に渡って種類がとても豊富で、私たちの様々なニーズをカバーしてくれます。

今後も新しい保険が販売されることが予想されますので、一般的な保険だけでなく、ミニ保険もあることを念頭において、情報をこまめにチェックしておくとよいでしょう。ミニ保険は契約期間が1~2年と短期間ですので、自分の入っている保険について、1年に1度は見直しをするようにしましょう。

生命保険の見直しで保険料を節約する

保険は万が一のときに生活を守る大切な手段です。しかし、過剰な保障は家計を圧迫して生活に支障を来します。生命保険を見直すことで大きく節約できることもあります。

このほかにも自分に合った保険を自分で選びたい、現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したいなどの悩みがあれば、保険の専門家に相談するのも一つの方法です。

無料保険相談の【保険コネクト】

一方、自分に合った保険を納得いくまで比較して選びたい場合は複数の保険会社にパンフレットの一括請求【無料】ができるのでご利用ください。

保険スクエアbang!/生命保険

-保険商品選定ポイント