FAQ

銀行などによる「窓口販売」とは何ですか?

生命保険の「窓口販売」

2007年12月に銀行など生命保険会社以外の金融機関の窓口での販売が全面解禁されました。多くの銀行の支店で、保険の窓口やカウンターが設置され、保険販売による業績を伸ばしています。これが生命保険の「窓口販売」や「窓販」などといわれるものです。

銀行は口座を持っている人が既にいて顧客がいるので、広告宣伝等を行わなくても、お客様が支店に訪れた際に保険の営業や提案ができる特性があります。銀行などは保険代理店として保険加入者と生命保険会社の間をとりもつ(媒介する)だけです。

銀行などで加入しても、実際に契約を引き受けるのは生命保険会社になりますので、生命保険会社の「保険商品」に加入することになるので注意してください。

1.メリット

銀行で保険についても相談をできるため、銀行と保険の窓口を一カ所にまとめることができます。また、既に信頼関係のある銀行の支店で保険相談ができるので、安心して相談できることがメリットとして挙げられます。

2.デメリット

銀行の支店にいる保険担当は専任ではなく、銀行行員を兼務している場合、保険の知識にバラツキがあることや、保険種類によって提案力に差がある場合があります。取り扱い保険会社は複数社ありますが5~6社であったり、損害保険会社を取り扱っていないなど、保険ショップと比べるとラインナップの少なさがデメリットとして挙げられます。

生命保険と預貯金の相違点

生命保険では所定の受取事由に該当したときに保険金や年金などを受け取れますが、銀行の普通預金などのように必要なときに必要額を自由に払い出すことはできません。生命保険では、払い込んだ保険料の累計額よりも、解約時に受け取る解約返戻金が少ない場合もあります。

生命保険の死亡保険金は遺族の生活を守る支えという意味合いで相続税の優遇措置がありますが、銀行の預金は死亡時の残高すべてが相続財産として相続税の対象となります。

生命保険会社が破綻した場合、各契約について破綻時の責任準備金の原則90%までが保証されます。これは1,000万円までの元本とその利息が保護される預貯金とは仕組みが異なります。

生命保険の見直しで保険料を節約する

保険は万が一のときに生活を守る大切な手段です。しかし、過剰な保障は家計を圧迫して生活に支障を来します。生命保険を見直すことで大きく節約できることもあります。

このほかにも自分に合った保険を自分で選びたい、現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したいなどの悩みがあれば、保険の専門家に相談するのも一つの方法です。

無料保険相談の【保険コネクト】

一方、自分に合った保険を納得いくまで比較して選びたい場合は複数の保険会社にパンフレットの一括請求【無料】ができるのでご利用ください。

保険スクエアbang!/生命保険

-FAQ